真菰(マコモ)粉末の販売サイトです。

FrontPage

神の草「マコモ」

マコモタケ

マコモ(真菰)-マコモ茸は、池・川・湖沼などの水辺に群生するイネ科の植物です。
日本では昔から「神が宿る草」と言われ、全国の多くの神社の御神体として使われてきました。

産卵期のフナがマコモの根っこに卵を産み付け、この卵から孵った稚魚は他のところで育ったものよりも、はるかに大きく育つと言われています。

マコモは、腸をきれいにする食物繊維をはじめ、日本人に不足しているカルシウム、ビタミンB群、亜鉛などの必須栄養素を豊富に含みます。

そして、体内に蓄積した有害金属を排出するケイ素(珪素)、さらに活性酸素を抑制する働きのあるSODという酵素を含む、夢のスーパー健康食品です。

多くの慢性病の人々が食事指導を受けに来る熱海断食道場では、発酵マコモ粉末をご飯に入れて食べたり、風呂に入れたりして活用しています。

※写真は、大きく育ったマコモと子供たち。


まこもを推奨している健康道場 ⇒熱海断食道場

マコモを詳しく知る

おすすめ

細胞の酸化を抑制する水「素粒水」生成浄水器ワンウォーターECO -送料無料

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional